今からでも取れます高校卒業資格

どうやって取るの?高校卒業資格

高校卒業資格を取るためには全日制、定時制、通信制の高校いずれかを卒業する必要があります。
どれが一番楽かというと断然通信制になります。というのも全日制と定時制は学校に行って学習する必要があるため、会社勤めやバイトをしながら通うというのが難しいんです。
その点、通信制は自宅で学習するため時間にしばられることはありません。
通信制の卒業の条件ですが、3年間在学し、計74単位をとる必要があります。先ほど通信制は楽といいましたが勉強をしなくていいわけではありません。
また、通信制といっても様々であり、学費も違えばスクーリングと呼ばれる登校日の日数も違います。なので自分が通えるのかどうかを考えて選ぶようにしましょう。せっかく受験に合格して通っても卒業できなければ意味がありません。

通信制高校の学習の流れ

通信制高校の学習は基本的にレポート、スクーリング、単位認定試験の3つになります。
家で学習し学校にレポートを送付、スクーリングでは学校に通って直接講義を受講。
そして単位認定試験を受けて合格することで単位をもらうことが出来ます。
試験はレポートとスクーリングの内容から出題されるため、レポートとスクーリングはサボらず行いましょう。
これを繰り返して合計74単位を得ていくわけです。
ただ仮に74単位を取ったとしても3年間在学しなければ卒業は出来ませんので気をつけましょう。

中にはレポートや試験というと難しそうに聞こえてイヤになる人もいるかもしれません。しかし、基本的には通信制の授業内容は全日制や定時制に比べて比較的に簡単なものが多いです。

こうして無事に卒業を迎えれば高校卒業資格を手に入れることが出来ます
この資格があれば大学受験も可能になりますし履歴書にだって書くことが出来ます。